page_banner

化粧品業界のクリーンルームプロジェクト

化粧品業界のクリーンルームプロジェクト

生産ニーズを満たすために化粧品OEMメーカーは多数存在しますが、GMPC規格に合格している企業は国内で数百社に過ぎないと言われています。そして、GMPCの受け入れ基準の一部は、クリーンルームの要件に関するものです。

微信截〉_20220317172046

化粧品GMPは、「化粧品の適正製造基準-顧客の健康保護」(GMPCと呼ばれる)および顧客の健康保護に基づく第三者認証です。米国およびEU市場で販売される化粧品については、国内で製造されたものであれ、海外から輸入されたものであれ、米国連邦化粧品規制またはEU化粧品指令(これは厳しい要件です)に準拠する必要があります。つまり、GMP認証を実装して準拠する必要があります。通常の使用後の消費者の健康を確保するための関連製品規格(EN76 / 768 / EEC指令)を備えています。

 

なぜクリーンルームをしなければならないのですか?

1.化粧品に使用されている原材料や成分は劣化しやすいです。

2.化粧品の製造工程における製造設備の清浄度要件が要求されます。

3.化粧品の製造中に粉塵を発生させたり、有害で可燃性の爆発性の原材料を使用したりする製品は、粉塵のない浄化室を使用する必要があります。

4.現代の化粧品は、人々の日常生活と密接に関係しています。ほとんどの人は化粧品を使います。したがって、化粧品の品質は、安全で、安定していて、使用可能で、有用でなければなりません。したがって、化粧品は良好な環境空間にある必要があると判断されます。生産、製造、つまり無塵のワークショップ。

5.バクテリアの空気は、化粧品の製造、放置、充填、包装、およびその他のリンクの製品に二次汚染を簡単に引き起こす可能性があります。「化粧品製造企業の衛生基準」の新バージョンの要件によると、生産ワークショップの空気中の細菌の総数は1000を超えてはなりません/同時に、半製品保管室、充填室、清潔な容器保管室、ドレッシング室およびその緩衝ゾーンには、空気浄化または空気消毒設備が必要です。

したがって、化粧品OEM加工工場を選択するときは、GMPC100,000レベルのワークショップを選択する必要があります。

化粧品OEM加工工場では、保管室が10,000レベルの空気浄化基準を採用し、実験室、原材料室、充填室、内包装材消毒保管室、更衣室がすべて100,000レベルの空気浄化基準を採用しています。その他の地域では、30万レベルの空気清浄基準を採用しています。このようにして、空気中の細菌やほこりの99.97%を効果的に除去でき、すべての製品を安全で汚染のない環境で製造および梱包できます。

微信截〉_20220317172158